マインドマップは脳を「うまく」使うためのツール

mochimono 

【頭の悪い人なんていない!使い方が悪いだけだ!】と確信したトニー少年は、約20年後に「脳の取説」ともいえる学習法を発表しました。読書法、記憶法、ノート法の三本柱で構成されるトニー・ブザンの学習法は書籍化と同時にBBC放送のテレビ番組にもなり、大きな注目を浴びました。中でも、画期的なノート法、マインドマップへの関心は高く、急速に普及し、世界各国で多くの人が活用しています。