Mappers Cafe勉強会:マインドマップ(R)で生涯学習

「頭の悪い人などいない」「脳の取り扱い説明書があれば、脳を正しく使って誰でも能力を発揮できる」と幼少の頃に確信したトニー・ブザンは、長年の実践と研究を重ねて独自の学習法を編み出しました。記憶法、読書法、脳全体をまんべんなく使うための工夫を凝らしたノート法(マインドマップ)からなるブザン氏の画期的学習法が世に出たのは1970年代の前半。書籍化(「Use Your Head」:邦題「頭がよくなる本」東京図書)と同時に英BBCテレビでシリーズ化され、大きな反響を呼びました(その番組がYouTubeにアップされています。ブザン、Use Your Head、BBCで検索なさってみてください)。

 

それからおよそ35年後の2007年、ブザン氏は「Age‐Proof Your Brain」(Harper Thorson社)を出版し、年齢に関わらず「脳力」を鍛える方法を紹介しました。同時に、「年齢に負けない脳をつくる(意訳)」というテーマのセミナーもスタート。人口の高齢化が進む中、世界各地で反響を呼んでいます。「年齢を重ねると記憶力が低下するというのは誤り」であることについては、ブザン氏が32歳のときに執筆した「Use Your Head」にも書かれています。それを自ら実践し、72歳の現在も脳と体を鍛え、食べ物を選び、楽しみながら学び続けるブザン氏。同氏を手本にして、「Mappers Cafe勉強会」をスタートしました。