近田美季子がお手伝いできること

現在、日本で多数のインストラクーが活躍しています。プロフィールなどを参照し、ご自身のニーズに合ったインストラクターから学ぶことをお奨めします。

 

2019年4月のブザン氏急逝後、自分の役割について改めて考えました。100歳の誕生日に皆を招いていたトニーが亡くなった衝撃は大きかったです。8月にロンドンで偲ぶ会が開かれたとき、弟のバリー氏をはじめ、毎年のトニーの誕生日会で一緒だった世界各地のゆかりの人々と話し、少しずつ動き始めました。

2019年の年初からトニーと電話やメールでやり取りしており、亡くなる約2か月前、新居に引っ越したばかりのトニーからのメールには、今後の夢が描かれていました。

76回、計300日近くにわたり、ブザン氏から直接学び、11冊の著書を監訳・監修する際に「たくさん」の質問をした「世界記録保持者」のMikikoに期待することも...

私のミッションはブザン氏から受け取ったバトンを次世代に渡すことと今は考えています。

2013年にブザン氏に任命されて以来、マスター・トレーナーとしてインストラクター養成講座を10回担当してきました。今後もできる限りこの活動を続け、ブザン氏の全体像を伝えていこうと考えています。

ビジョンは、ブザン氏の掲げていたグローバル・メンタル・リテラシー。世界のみんなが頭をうまく使いこなせたら、どんなことになるか...子供たちがみな、「ぼくって(わたしって)天才かも!」と思えるようになったら...

もちろん、基礎講座(プラクティショナー講座)の開催も続け、ブザン式を広めていきます。

 

以下は、近田美季子の特徴と考え方です。

 

マインドマップに限らず...

【50年近くもの間使い続けられているツールには、ワケがある】はず!

開発者(トニー・ブザン)直伝のマインドマップを使いこなすお手伝いをします。

 

【シンプルながら奥深い】のがマインドマップの大きな特徴です。

 

「だから、マインドマップなんだ!」と納得すると、「かき方の決まりごと」の意味を踏まえたうえで、目的や「出したい結果」に応じて使いわけることが自由自在に!

 

ブザン式スピードリーディング(速読法)、メモリー(記憶法)、学習法については、それぞれの講座でお伝えしていますが、マインドマップ講座にも、そのエッセンス(特に記憶法の基本)が盛り込まれています。

 

【トニー・ブザンの提唱するメンタル・リテラシー】の実践

マインドマップ、ブザン式スピードリーディング(速読法)、メモリー(記憶法)を総合的に使うと、その相乗効果は絶大です!しかも、誰もが持っていて、いつも無意識に使っている能力を「ほんの少し」積極的に使うことで成果が上がるので、「無理なくできる」ことが魅力です。

 

いずれの手法も「メンタル・リテラシー」(意訳:頭をうまく使いこなせること)の概念に基づいています。つまり、自分の頭の働きを知って、それに合った方法で頭を使いこなすという考え方です。

 

基礎をしっかり習得すれば、あとは用途や目的に合わせて、他手法とうまく組み合わせることが可能。中でも、マインドマップはさまざまな手法と相性がいいので、プロセスの一部に組み入れると効果が高まります。

 

2012年6月以前に各種マインドマップ講座を受講なさった方、ぜひ再受講をご検討ください。近田は今、トニー・ブザン公認ユーザー資格を取得できるマインドマップ・プラクティショナー講座を中心に据えてマインドマップをお伝えしています(修了証書が発行されます)。

尚、マスター・インストラクター、またはシニア・インストラクターから認定を受けたアドバンス・プラクティショナーは所属している企業や教育機関内で同僚や学生にマインドマップ入門講座を教えることができます。

 

これまでに、近田担当の基礎講座、マスター講座、応用講座、アドバイザー講座をご受講いただいた方は、割引価格でご参加いただけます。また、企業、教育機関への出張講座も可能です。詳しくはお問い合わせください