トニー・ブザンのインタビュー記事(ダイヤモンド・オンライン)

2013年12月20日にトニー・ブザンのインタビュー記事がダイヤモンドオンラインに掲載されました。「マインドマップ・リーダーシップ」(ダイヤモンド社)の発行に伴うインタビューです。ぜひご一読ください。

http://diamond.jp/articles/-/46259

 

 

 

ThinkBuzanのインストラクター(TLI)養成講座

2014年の東京での養成講座日程

2014年 2月28日(金)―3月 3日(月) マインドマップ

       3月 5日(水)−3月 7日(金)  メモリー

       3月 8日(土)−3月10日(月) スピードリーディング

      10月30日(木)-11月2日(日) マインドマップ

      11月 4日(火)-11月6日(木) メモリー

      11月 7日(金)-11月9日(日) スピードリーディング

詳細はThinkBuzanのウェブサイトをご覧いただき、直接お問い合わせください。

 http://thinkbuzan.com/ja/training/

同社のよるとThinkBuzanライセンスインストラクター(TLI)の数は2013年12月現在、世界全体で約700人、日本人は約200名。

所属している企業や教育機関内でマインドマップを教えるには?

「マインドマップを社内の会議やブレインストーミングで使うとき、同僚にかき方を教えたい」

「授業でマインドマップを活用し、学生にも使い方やかき方を伝えたい」

このようなニーズにお応えできるようになりました。ご自身がマインドマップを習得して、お仕事や授業で活用なさっていると、「マインドマップを教えてほしい」と依頼されることも少なくないはずです。

ただ、これまでは、マインドマップを教えるには、ThinkBuzan公認インストラクター(TLI)を取得する必要がありました。

しかし、ThinkBuzan社が2014年9月末に新資格の認定をスタートしたことに伴い、TLIから認定を受けたマインドマップ・プラクティショナーがアドバンス・プラクティショナー講座を受講して認定を受けると、勤務先で同僚や生徒を対象に「入門講座」を」教えることができるようになりました。資格認定時に、ThinkBuzan社と契約を結び、活動を開始することになります。

尚、アドバンス・プラクティショナーを開催できるのは、シニアTLIとマスター・トレーナーのみです。

 

受講条件と受講料については、こちらをご覧ください

 

弊社でアドバンス・プラクティショナー講座を担当する近田美季子はシニアTLI兼マスター・トレーナーです。詳しくは、ThinkBuzan社ウェブサイトのグローバル・インストラクター紹介(外部リンク)をご参照ください。

 

また、社内インストラクター複数名の養成や、教育機関への導入の場合には出張講座も承っております。お気軽にお問い合わせください。

ThinkBuzan社が2013年11月に日本でスピードリーディングの講師を養成

ThinkBuzan社が2013年11月にスピードリーディングのインストラクターを東京で養成します。これで、同月には、マインドマップ(R)、メモリー(記憶術)、スピードリーディングと、現在同社が認定しているすべての公認インストラクター講座が開催されることになりました。今回は、初の試みとして土日、祝日に開催されます。3種類の公認資格を11月2日(土)から12日(火)の間に取得することが可能です。また、すべてのライセンスを取得したインストラクターは、一定の条件を満たすと、シニア・インストラクターになる道が開かれるとのことです。詳しくはThinkBuzan社にお問い合わせください。

ThinkBuzan社のウェブサイト:http://www.thinkbuzan.com/jp/training

 

尚、ThinkBuzan社主催のインストラクター養成講座は、席に余裕があれば、実費で何度でも再受講できます(まず通訳付きの日本で受講し、将来英国で再受講するなど。金額は同社にお問い合わせください)。例えば、2013年11月に東京で開催されるスピードリーディングのインストラクター養成講座は日本人マスター・ライセンス・インストラクターが日本語で担当します。海外では、トニー・ブザンともう一名の講師(開催場所によって異なる、通常は少人数クラスで実施)が担当しますので、両方受けるのも一案です。

 

また、複数のライセンスを取得する場合の割引もありますので、詳しくはThinkBuzan社にお問い合わせください。

トニー・ブザンが2013年11月に再来日!東京でインストラクターを養成

◎英ThinkBuzan社が2013年11月に東京でインストラクター(TLI)を養成

マインドマップ開発者、トニー・ブザンが再来日し、英ThinkBuzan社主催のマインドマップ、メモリー、スピードリーディングそれぞれの公認インストラクター養成講座が開催されます。

マインドマップ:    11月 2日(土)〜5日(火)

メモリー:        11月 7日(木)〜9日(土)

スピードリーディング:11月10日(日)〜12日(火)

 

詳細はThinkBuzanのホームページをご参照ください。http://www.thinkbuzan.com/jp/training

日本国内でメモリーとスピードリーディングの公認インストラクター養成講座が開催されるのは初めてです。

尚、スピードリーディングについては、日本人マスター・ライセンス・インストラクターが日本語で講座を担当します。

 

お問い合わせ、ご質問については、主催者のThinkBuzan社に直接ご連絡下さい。

マインドマップ・ブザン式各種手法についての講演会

マインドマップ(R)をはじめとするトニー・ブザンの各種手法について、近田美季子が各地で講演を行っています。

読書会、経営者の勉強会、大学などの教育機関での講演実績が豊富です。短時間でもしっかり、楽しくお伝えできますので、お気軽にお問い合わせください。

 

これまの実績(一部)

ダイヤモンド社 (マインドマップ)、大阪電気通信大学(投資に役立つマインドマップ)、獨協医大 (マインドマップ)、読書会 (マインドマップ)、原宿サロン (マインドマップ)、福岡マーケティング勉強会、マインドマップ活用事例発表会*ほか。

*株式会社ティズムは同発表会を協賛しました。

講座以外の形でより多くの方にマインドマップの有効性を知っていただくための機会を 設け、仲間と共に取り組んでいます。2012年8月に開催されたマインドマップ活用事例発表会ではスポンサーとして開催費用の二分の1を弊社で負担しまし た。

https://www.facebook.com/mindmapcasestudies.

トニー・ブザンの伝記がKindle版でも発売

6月2日、トニー・ブザン71歳の誕生日に出版された伝記(レイモンド・キーン著、英語版)が6日にKindle版でも発売になりました。

 http://www.amazon.co.uk/Official-Biography-Tony-Buzan-ebook/dp/B00D7O7NNS/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1370545361&sr=1-1 

2013年5月5日(日)子供の日スペシャル親子セミナーin江の島

◎急遽決定!こどもの日スペシャル親子講座in江の島 終了しました。

ご参加ありがとうございました!

マインドマップで簡単!記憶術

都道府県と県庁所在地を「楽しく」3時間で覚えよう

       親子でチャレンジ「マインドマップ記憶術」

開催日時:2013年5月5日(日) 13時〜16時

江の島チラシ4.15.13_F.jpg←クリックして拡大!

開催場所:神奈川県立かながわ女性センター 

藤沢市江の島1-11-1 小田急片瀬江の島駅徒歩15分

              江ノ島電鉄江の島駅徒歩18分ほか

学習塾:わかい学舎/育脳くらぶ主宰の若井京子インストラクターがメイン講師をつとめ、ThinkBuzan公認インストラクター有志5名がサポートする「めったにない」機会です。

ぜひ、ご参加ください。

詳細とお申込み:http://www.wazoo.jp/open/mindmapfamily

トニー・ブザンの最新インタビュー記事

2013年3月14日付で、トニー・ブザンのインタビュー記事(英語)が、7DAYS in Dubai(ドバイの情報サイト)に掲載されました。ディスレクシアなど、学習障害があるとされる子どもたちへの家庭での取り組み方などについて、質問に答えています。

http://www.7daysindubai.com/Q-Tony-Buzan-child-head-start-school/story-18410718-detail/story.html

著者トニー・ブザンが「新版ザ・マインドマップについて自ら語る」YouTube映像

2012年11月来日時にダイヤモンド社がトニー・ブザンをインタビューしました。そのときの、映像が字幕付きでYouTubeにアップロードされています。

 

「なぜ、新版を発行することにしたか?」などについて、著者本人が語っています。ぜひ、御覧になってみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=02S5MkPIA8Q

トニー・ブザンの講演 @TEDx Square MileがYouTubeに!

昨年10月にTED×Suare Mileのイベントでトニー・ブザンが講演しました。テーマは「The Power of a Mind Map」。そのときの映像が公開されています。

Youtube

http://www.youtube.com/watch?v=nMZCghZ1hB4

 

渡英中にリハーサルに参加した弊社の近田によると、「あれほどのスピーチの達人でも、制限時間に合わせて練習を繰り返し、原稿のマインドマップも納得のいくまで修正してベストを尽くす姿勢から多くを学んだ」とのこと。

トニー・ブザンは、MIG(世界で最も大切なグラフ)を基にプレゼンテーションを工夫し、講演の達人になったそうです。前述の映像を観ると、聴衆の関心を掴み、ユーモアや比喩を交えながら、記憶に残るスピーチをしている様子が伝わってきます。ぜひ、御覧ください。

注)TEDxについては、TEDxTokyoの説明が参考になります。

日経Associe(2013年1月号)にトニー・ブザンのインタビュー記事

日経ビジネス社発行のAssocie(2012年12月10日発売)にマインドマップ開発者、トニー・ブザンのインタビュー記事が掲載されました。1月号は「反省と計画の手法」の特集。

2012年11月のトニー・ブザン来日時に、O記者がインタビューし、アドバイスを受けながらマインドマップに初挑戦しました。「マインドマップを使って一年を振り返り、新年の計画を立てよう」というテーマで、奥深い内容ながら、わかりやすく、親しみやすい記事です。ぜひご一読を!

英ThinkBuzanが2013年1月〜3月の講師養成講座日程を発表

英ThinkBuzanが2013年1月〜3月のTLI(Think Buzan Licensed Instructor)養成講座の日程を発表しました。

 

ThinkBuzan社のサイト

http://www.thinkbuzan.com/jp/training

2012年には東京で3回養成講座が開催され、多数のマインドマップ®インストラクターが誕生しました。

尚、養成講座についての各種お問い合わせは直接、主催者のThinkBuzan社にご連絡ください

MIG(世界で最も大切なグラフ):マインドマップの生みの親?!

miggood.jpgマインドマップ®が世に出てから約40年、その誕生秘話が書籍とDVDで詳しく紹介されました。開発者、であるトニー・ブザンの70歳の誕生日に発売された本の題名は、“The Most Important Graph in the World"(世界で最も大切なグラフ、人生で最も大切なグラフという別名もあります)。

 

この話はセミナーなどで以前から語られてはいましたが、本の中で詳しく説明されるのは初めてのこと。同時に、トニー・ブザン自身がこのグラフについて語るDVDも発売されました。プレゼンテーションの達人といわれるトニー・ブザンは、「俳優の訓練を受けたのか」、「NLPの理論を応用しているのか」など、よく質問されるそうです。

 

しかし、このグラフ一つからマインドマップを開発し、プレゼンテーション・スキルや記憶に残る人生の生き方を学んだといいます。何の変哲もない一つのグラフ(系列位置効果をグラフ化したもの)と、フォン・レストルフ効果をベースに創造性をフルに発揮する方法とは?

 

マインドマッパーだけでなく、誰にも役立つ本です。

 

脳の使いこなし方のヒントが満載の本とDVD。おススメです!(英語版のみ)

ThinkBuzan社の案内:

http://www.thinkbuzan.com/jp/products/books/mostimportantgraph

(NEW!)平日限定プライベート・レッスン(4時間〜)

平日にマインドマップ講座を受講なさりたい方を対象に、日時を調整し、マインドマップ・プラクティショナー講座に準拠するプライベート・レッスンやご希望に沿った内容の講座を実施しています。料金は、諸条件により異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

尚、公開講座は18歳以上の方が対象ですが、プライベート・レッスンや、家族でご受講の場合は、ご相談下さい。

 

お問い合わせ方法

受講規約をご一読いただいた上で、希望の日時(第1〜第3希望)をご連絡下さい。

お問い合わせフォームの「質問欄」に「ご希望の日時」をご記入の上送信いただくか、事務局に電話(03-5843-9333 平日9時〜18時)でお伝え下さい。講師の予定を確認し、2営業日以内に連絡させていただきます。

◎日時の確定後、正式にお申込みいただきます。

 

2019年秋季特別講座のご案内

秋季特別講座として、トニー・ブザンの考案した3つのスキルを2日間で学ぶ特別講座を開催します。3つのスキルを総合運用することで仕事や勉強、プライベートで大きな効果が期待できます。公認ユーザー資格認定証書(プラクティショナー証書)は発行されません(マインドマップ既習者割引、再受講についてはお問い合わせください)。

日時:2019年10月13日(日)〜10月14日(月祝) 9:30〜18:30

会場:渋谷駅から徒歩5分の会場

講座代金: 80,000円(税別)

※再受講の場合は、15,000円(税別、銀行振込のみ)

※マインドマップ、あるいは速読×記憶のプラクティショナー資格を弊社で取得済みの方はお問い合わせください。

※プラクティショナー証書(有料)をご希望の場合はお問合せください。

講座代金にはオリジナル資料、カラーペンなどの道具、書籍3冊、フォローアップ資料、ご昼食が含まれます。

 

講座内容:

まずは、優れた記憶ツール、読書ツールでもあるトニー・ブザンのマインドマップを習得します。

マインドマップを様々な用途で使いこなすための基礎を身につけてから、記憶法と読書法を学びます。

 

【トニー・ブザンのマインドマップ】

○マインドマップ作成法と原理原則を学び、さまざまな用途にマインドマップを活用できるようにする。

○脳のさまざまな機能を使い、思考力と創造性を高める。

 

講座の構成

○マインドマップとは何か?

 開発者と開発の経緯を紹介

○脳についての研究成果

○文章やリスト形式のノートの問題点

○マインドマップの原理原則

○放射思考・人類の共通言語

○マインドマップのかき方とその理由

○記憶術や学習法との関係

○各種記述法との違い

○グループでの活用法

○なぜ、マインドマップなのか?時代背景

○マインドマップの活用事例

○演習 

 イメージと連想を働かせる

 ノートを取る(主にインプット)

 ノートを作る(主にアウトプット)

 

【トニー・ブザンの読書法】

トニー・ブザンの読書法は、誰でも無理なく修得できる手法で”Range Reading"とも呼ばれています。単にスピードを追い求めるのではなく、読む目的や本の種類によって「速くも遅くも」自由自在に速度の幅(Range)を持たせて読むのが特徴です。

 

今の時代、「情報過多」が世界的な現象になり、日本では、毎日200〜300種類の新しい本が出版されているし、新聞、雑誌、インターネット、電子メールなど、情報に溢れています。

 

それをどう処理し、情報を自分の知識や智恵にして活用するか?

 

さまざまな演習を通じて、ぜひご一緒に体験なさってください。

 

読書に対する考え方が一新し、「楽に」「楽しく」「自然に」本と向かうことができるようになるはずです。

 

ブザン式スピード・リーディング講座概要
○現在地(受講前の読書速度)を確認
○読書とは何か?トニー・ブザンの「読書の定義」

○読書に関する「お悩み」や「目標」は?

 「間違った思い込み」をなくす
○すぐに読書速度が上がるシンプルなフォーミュラ
○簡単なテクニックで誰もが持っている能力を無理なく引き出す
 周辺視野を生かす
 内的音声化を有効活用
 目のムダな動きを減らし集中力を高める
 超高速スピードに慣れる
○スキャニングで検索能力を向上、スキミングで概要を把握
○約8回の1分間読書テスト結果をチャートに記録して読書速度の推移を確認
○マインドマップ=最強の読書ツール!?
○BOST(Buzan Organic Study Technique:ブザン式有機的学習法)
 どんどんインプットしてすらすらアウトプット 記憶力も向上
○新聞、雑誌、ビジネス書、小説、詩、教科書などの分野や読書の目的に応じて

 柔軟に変速する「レンジ・リーディング」

 

【トニー・ブザンの記憶法】

トニー・ブザンの記憶法は誰でも無理なく修得できる手法で、印刷物のないギリシャ時代から使われている「記憶術」がベースです。1991年以来、世界各国で開催されている「記憶のオリンピック」(世界記憶力選手権)の創始者でもあるトニー・ブザンの手法と概念を学んでみませんか? 

記憶のテクニックを習得し、それを生活や仕事に応用できるようにすることが本講座の特徴・目的です。

本講座で扱う「記憶」と「まる暗記」は別物です。

印刷技術のないギリシャ時代から使われている記憶法は、丸暗記とは異なり、「創造性豊かな」手法で、脳のさまざまな機能が使われます。

「記憶と創造性はコインの表と裏」というトニー・ブザンの記憶法を、 さまざまな演習を通じて、ぜひご一緒に体験なさってください。

基礎編

○基礎的なスキルを身に付ける(イメージと関連付けのウォーミングアップ)

○ナンバー・ライム法とナンバー・シェイプ法

○場所法

応用編

○マインドマップ記憶法 

○マイナンバーやIDを記憶するには?

○本の内容を記憶して活用する。

 

トニー・ブザン認定マインドマップ・インストラクター(TLI)になるには?

2018年2月9日以降は、マインドマップ考案者のトニー・ブザン氏が率いる新チームがインストラクター養成講座を統括します(それまでの約10年間は英OpenGenius(ThinkBuzan)が運営していました)。

今後の予定などについては、以下のサイトに掲載されます。


http://www.tonybuzan.com/training/

英ThinkBuzan社が2012年6月に東京でインストラクターを養成

2012年1月に続き、6月19日から22日にも東京でマインドマップ・インストラクター(TLI)養成講座が開催されます。詳細については同社の案内をご参照いただき、ご質問などは直接同社にお問い合わせください

http://www.thinkbuzan.com/jp/training/details/thinkbuzan-licensed-instructor

また、2012年5月には英国で2回目のブザン式記憶法インストラクター養成講座と4回目のブザン式速読法インストラクター養成講座が開催されます。近田は全てのライセンスを取得済みで、今年から各種講座の開催が可能になったため、2月以降に新講座を開催いたします。

英ThinkBuzan社が2012年1月に東京でインストラクターを養成

2012年1月に英ThinkBuzan社が東京でインストラクターを養成します。詳細は同社のホームページに掲載されています。

 

http://blog.thinkbuzan.com/category/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E

マインドマップ開発者、トニー・ブザンの新しいウェブサイト

トニー・ブザン個人の新しいウェブサイトができました。これから内容を充実させていく(本人談)とのことで、楽しみです。
http://www.tonybuzan.com/about/memory/

 

公式サイトのThinkBuzan社のホームページ(従来通り)

http://www.tonybuzan.com/about/memory/

Paypalによるクレジットカード決済が可能になりました。

paypal.bmp2011年6月開催の講座から、クレジットカードによる決済(PayPalメール決済)をご利用いただけるようになりました。詳細につきましては、こちらをご参照ください。

学校の授業へのマインドマップ導入効果(日経新聞の日経プラス1に掲載)

2011年5月11日の日経プラス1(土曜日の朝刊とともに届けられる生活情報週間紙)2面「子どもニュース」のコラム、「子ども新景」でマインドマップが取り上げられています。マインドマップ・フェロー(注)の井上光広先生(小学校)と代島克信先生(中学校)の授業の様子やマインドマップを取り入れるメリットが紹介されていますので、ぜひご一読ください。

 

(注)マインドマップ・フェローの資格については、ブザン教育協会運営のマインドマップ公式サイトをご参照ください。

「マインドマップ勉強法」発売記念イベント(終了しました)。

計3時間のイベントの構成は以下を予定しています。

18:30〜イントロダクション

18:45〜マインドマップの特徴と応用法

19:15〜講師によるデモンストレーションと事例紹介

19:45〜TRY!マインドマップで読書ノートを作成!

      課題本:マインドマップ勉強法 (アスペクト社、トニー・ブザン著)

21:00〜発表と振り返り、フィードバック、エンディング

 「マインドマップ勉強法」を課題本にして、読書ノートを作成し、最後はアウトプット。マインドマップを示しながら話す体験をしていただきます。

講座終了後30日間は、最大3回までマインドマップの読書ノート作成についてのコーチング(添削アドバイスを含む)を受けることができます。

(本イベントでは、公認講座の修了証書は発行されません。本イベントご参加後に株式会社ティズム主催の公認講座をご受講になる場合は、体験講座相当の5,000円を差し引かせていただきます)。

 

【講座との比較】

一般社団法人ブザン教育協会公認のマインドマップ基礎講座ではマインドマップの基本(かき方とその背景)を6時間かけて学びます。また、3時間の「はじめて講座(または入門講座)」では、マインドマップ基礎講座のエッセンスを短時間(2時間〜3時間)で学び、マインドマップの「奥深さ」より実践的活用に焦点を当てています(各インストラクターの得意分野を生かした応用講座、実践講座と組み合わせて開講することも少なくありません)。

 

各講座については、一般社団法人ブザン教育協会の運営する公式サイトの説明もご参照ください。

http://www.mindmap.or.jp/course/

2011年2月6日Mappers Cafe勉強会のご報告

2011年2月6日(日)に第3回Mappers Cafe勉強会を東京都文京区で開催しました。今回は「脳本100選」というテーマで、脳科学の本を100冊読破する第一歩の試み。午前中は、3月1日発売予定のアスペクト社「マインドマップ勉強法」(トニー・ブザン著、近田美季子監訳、ブザン教育協会監修)でプロセスを詳述しているジグソーパズル式読み方とマインドマップ読書ノートの作成を実践。その後は各自の持ち寄った脳科学関連の本に取り組み、マインドマップが完成した順に発表を行いました(あいにくのインフルエンザで出席できなかった数名の方、次回はぜひ!)。最後はインド料理店で打ち上げ(これが大事とブザン氏も著書の中で繰り返し述べています)。

 

岡山、長野からかけつけたマッパーを含め約15人で実施し、お互いの知識を共有するという素晴らしい体験ができました。脳科学を扱った本に限定したため、内容の難しいものも少なくありませんでしたが、さすがマインドマッパー!骨子をわかりやすく抽出し、すばらしいプレゼンテーションをしていただきました。

 

次回に向け、「脳本100選」の候補本リストとマインドマップを作成中です(一般向け書籍の「ネタ本」になっているものを対象にしています)。

2010年12月19日Mappers Cafe勉強会のご報告

昨年12月19日に第2回Mappers Cafe勉強会を東京都文京区で開催しました。「Tony Buzanに学ぶ目標設定」をテーマに、ゲームなども交えながら実施。今回はテレビ会議システムを初めて試し、手ごたえを得ました。次回は2011年2月6日に開催予定です。

20名超で賑やかに学ぶ、少人数でじっくり学ぶ―どちらも「あり」

少人数でじっくり学びたい、いろいろな方と出会って楽しくディスカッションしながら学び合いたい、自分に合った演習がしたい、など様々なニーズがあります。たくさんの方が一同に会して同じ課題に取り組み、それぞれの個性が発揮されたマインドマップを見る機会は、なかなかありません。「おー!そうきましたか」「なるほど、その手もありますね」「う、うまい!」など、にぎやかに、よく笑い、和気あいあいで学ぶのはとても効果的だと感じます。講師がお一人お一人と向き合う時間は短目になりますが、できる限りマインドマップにコメント・アドバイスし(付箋にコメントを記入するなど)、講座後のご質問にもお答えしています。

 

少人数クラスのいいところは、じっくり自分のニーズにあった課題に取り組みやすいこと。講師と向き合う時間も長くなります。私がKJ法を学んだとき、3日連続のクラスで講師とほぼ一対一でした。アドバイスを受けながら、黙々と自分のプロジェクトに取り組む充実感がありました。

 

どちらの方法でもマインドマップは習得できますし、プライベートレッスンを選んだ場合も、その後勉強会や研究会、あるいはMappers Cafeでマッパー仲間とコミュニケーションする機会もありますので、「今」のニーズに合わせてお選びください。

 

iPad用のiMindMapがついに発売!

待望のiPad用iMindMapが8月31日に発売されました。たまたま今年5月にNYでデモ(当時はまだ開発中)を見る機会があり、手がきに近い感覚でかけるので楽しみにしていました。製品の詳細は英ThinkBuzanのウェブサイトで紹介されています( 価格は3,800円でiTuneからのダウンロード)。

新刊「The Mind Map Book」(2010年版、トニー・ブザン著)

マインドマップ(R)が世に出てから35年以上が経過し、今年はトニー・ブザンの著書が続々と改訂されます。また、昨年末には日本の事例もたくさん紹介されている「Mind Maps for Business」(トニー・ブザン、クリス・グリフィス共著)が発売されるなど、新しい本も発売されています。さて、「The Mind Map Book」の内容が大幅に改訂されました。コンサルティング・エディターのジェームス・ハリソンの手によって構成が大きく変わり、従来と比べページ数が100ページ以上減のペーパーバックなので、「バイブル本」的な重厚感は薄れた一方、基礎講座に沿った構成になり、より実践的に。後半の応用法では、シーン別事例が大きく入れ替わっています(近田美季子の「理想のワークライフバランス」のマインドマップはP125に掲載)。そして、勿論、「The Mind Map Book」初版ごに発売された公認PCソフトのiMindMapが大きく紹介されています。見逃せない点は、トニー・ブザンの原著の中でマインドマップと記憶法の関係がはじめて明確に説明されたこと(日本では一足先に、ブザン氏の許可を得て「マインドマップ記憶術」の中で紹介)。第3部、第10章P87-89などで言及しています。そして、以前にもまして「一本のブランチにはキーワードを一つだけ記入する」という点を強調。世界のFAQ首位といえる「なぜ、キーワードでかくの?」という質問に答えています。よろしければ、ご一読ください。

マインドマップ・プラクティショナー講座とアドバンス・プラクティショナー講座同時お申込み専用フォーム

マインドマップ・プラクティショナー講座とアドバンス・プラクティショナー講座同時お申込み専用フォーム

お名前(必須)

(例:渋谷 太郎)
お名前(フリガナ)(必須)

(例:シブヤ タロウ)
性別(必須)
男性
女性
(性別を選択して下さい。)
メールアドレス(確認用)(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
プラクティショナー講座開催日(必須)

(例:6月5日)
アドバンス講座開催日(必須)

(例)6月6日)
受講規約への同意(必須)
受講規約に同意します。
(ボタンでご確認ください。)
受講資格(必須)
受講資格を満たしています。
((チェックを入れて、ご確認ください。))
お支払方法(必須)
銀行振り込み
カード決済
(いずれかをご選択ください。)
ご連絡先電話番号(必須)

(例:080-1212-3434)
半角でお願いします。
緊急ご連絡先(必須)

(例:携帯電話番号、携帯メール)
ご連絡先住所(必須)

(〒107-0062 東京都港区南青山4-20-19)
ご職業(必須)
生年月日

(例:1965/1/1)
半角でお願いします。
会社名

(例:山田商事株式会社)
会社名(フリガナ)

(例:ヤマダショウジカブシキガイシャ)
部署名

(例:営業部)
役職

(例:部長)
通信欄
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、お手数ですが上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。mindmap@chikadamikiko.comの@を半角に変えてご送付いただきますようお願い申しあげます。

2015年5月4日〜6日ゴールデンウィーク合宿

専用お申込みフォームをご利用ください。

お名前(必須)

(例:青山南)
お名前(フリガナ)(必須)

(例:あおやまみなみ)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認)(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
受講規約への同意(必須)
受講規約に同意します。
(ボタンでご確認ください。)
新たに取得する資格(必須)
4種類
3種類
2種類
(例:2014年8月)
宿泊(必須)

不要
(ボタンでお選びください。)
お支払方法(必須)
銀行振込
カード決済
(ボタンでお選びください。)
ご連絡先電話番号(必須)

(例:携帯電話番号)
ご連絡先住所(必須)

(〒107-0062 東京都港区南青山4-20-19)
ご勤務先

(アドバンス・プラクティショナー資格取得の場合はご記入ください。)
生年月日

(例:1965/1/1 本講座は18歳以上の方が対象です。)
半角でお願いします。
通信欄
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、お手数ですが上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。mindmap@chikadamikiko.comの@を半角に変えてご送付いただきますようお願い申しあげます。