トニー・ブザン公認インストラクター(TBLI)として活躍しませんか?

弊社はTony Buzan Groupとの契約の下、グローバルな資格であるトニー・ブザン公認インストラクター(TBLI:Tony Buzan Licensed Instructor)養成講座を開催しています。

 

TBLIの資格には、マインドマップ、読書法、記憶法の3種類があります。いずれもトニー・ブザンが提唱したメンタル・リテラシー(頭を使いこなす力)を発揮するためのツールです。

あなたも、メンタル・リテラシーを世界に広める活動に加わりませんか?

3種のツールの中で、一番よく知られているのはマインドマップ®です。

1974年に世に出た画期的なノート法は辞書にも掲載される言葉となり、世界的に広まっています。


そして今、マインドマップに対するニーズは高まっています。

 

ー情報が多すぎることによるストレスに対処

ー答えのない時代に求められるクリエイティビティを発揮

ーパッとわかるイメージの重要性の高まり

ー変化を乗り切るために思考を柔軟にする必要性

ー人生100年の時代、学び続けることの大切さ

ーコミュニケーション力を高めるニーズ

ーそれぞれの才能を発揮するための道具

ー多くの選択肢から選び自分で学ぶ時代

ー知識を詰め込むのではなく、知恵を働かせるニーズ

ー物事や自分の思考を俯瞰することの大切さ

ー時間枠の中で自己管理する必要性の高まり

ーダイバーシティへの対応

 

マインドマップは商標権で保護されており、正規の講座を受講して資格を取得した公認インストラクター以外はマインドマップの名称を使った講座を開催したり、研修に登壇したりすることはできません(これに違反すると、英国、もしくはアジア本部から権利侵害として追及される可能性があります)。

 

TBLI養成コースでは、マインドマップの作成法とその背景にある理論を深く理解し、考案者のトニー・ブザンの提唱するメンタル・リテラシー(意訳:頭を使いこなすこと)の伝え手として必要なことを習得します。

講座終了時にはトニー・ブザン公認のインストラクター(TBLI)として認定され、修了証書が発行されます。日本のインストラクターはアジア本部の管轄下にあり、契約書を交わして登録した後、活動を開始します。


TBLIは公認プラクティショナー講座を開催することができます。アジア本部から証書、10枚一組、280ポンド)を購入し、公認プラクティショナーを認定します。講座の資料はアジア本部から提供されます。


お申込みの前に、個別相談をご希望の場合は、お問合せフォームからご連絡ください。日程を調整し、対応させていただきます。


マインドマップのニーズは今まさに高まっています。


〇詰め込んだ知識ではなく、知恵が必要な時代

情報の時代から知識の時代へ、そして今、知性をフルに発揮して知恵を働かせる時代へと移行しています。トニー・ブザンはこの時代をインテリジェンスの時代と名付けました。IQで測られる知能だけではなく、多重知能を働かせて様々な課題を解決していく時代は農業の時代の約1万年を超え、永続する見通しです。


溢れる情報を処理・選別し、必要な知識を頭の中にストックし、それを生かして新しいものを生み出していく。この一連の流れにブザン式手法は効果を発揮し、マインドマップは知識のストックからアイディアの閃きまでのプロセスを助長します。


〇課題解決力としての創造性

トニー・ブザンによる創造性(Creativity)の定義は課題解決力です。人間の脳は本来「Solution Finder(意訳:解決志向)」であり、ありとあらゆるアイディアを生み出し、解決策を見つけ出してくれます。木と森を同時に見ること、存分にアイディアを広げること、俯瞰することができるマインドマップはその最適なツールといえます。


〇イメージの力を活用

活字情報が溢れる中、パッと伝わるイメージの力が再評価されています。例えば、国連の持続可能な17の開発目標(SDGs)のそれぞれにシンボルマークあり、伝わりやすく、記憶しやすいように工夫されています。周囲を見回すと、以前に比べイメージが多用されていると感じることが少なくないのではないでしょうか?


マインドマップはイメージを多用します。また、マインドマップそのものがイメージでもあります。上手な絵、芸術的な絵を描く必要はなく、主として文字情報をシンボル化するためにイメージを活用します。絵に苦手意識がある方でも使いこなすことができますし、マインドマップをかいているうちに絵を描くのが楽しくなることが少なくありません。


〇人生100年時代を生き抜くための「学ぶ力」

社会人になって、どのような職業についても学び続けることが不可欠な時代。苦手意識のある分野がっても、能力や才能がないのでは決してなく、Underdeveloped(未開発)であるだけ、というのがブザン氏の考え方です。


マインドマップとブザン式マインドセットは、「楽に」「楽しく」学び続けることに役立ちます。学びに終わりはないので、「生涯発展途上中」を楽しむことをブザン氏は提唱し、実践していました。


インストラクター養成講座の概要インストラクターの種類と、シニア・インストラクター、マスター・インストラクターへの道のりについては、トニー・ブザン公認インストラクター(TBLI)の資格取得完全ガイドをご参照ください。

 

講座案内:トニー・ブザン公認マインドマップ・インストラクター(TBLI in Mind Mapping)

 

開催日程はこちらをご参照ください。尚、日程が合わない場合は、対面、オンラインでのプライベート・レッスンをご提供しています。


受講代金: 新規(修了証書あり)  561,000円(税込)※

      再受講(修了証書なし) 280,500円 (税込)

担当講師:近田美季子 マスター・インストラクター

※TBLI養成講座の受講料はアジア本部のガイドライン(英ポンド建て金額)に従って設定しています。為替相場の変動などが原因で、開催時期により受講料が上下する可能性があります。


マインドマップ・プラクティショナー有資格者には5%の割引が適応されます。他所でプラクティショナー資格を取得なさった場合は、担当講師名とご受講時期をお申込み時にお知らせいただくか、証書の画像をご送付ください。


再受講(資格認定なし)契約有効期間中のTBLIが対象です。

 

トニー・ブザン公認マインドマップ・インストラクター養成講座カリキュラム

(標準:3日間計21時間の構成。尚、演習やディスカッションが多いため、終了時間が多少前後したり、宿題が出たりすることがあります)


Day1

〇はじめに 講座概要、グラウンドルール、TEFCASスピリットを紹介 講師と受講者の紹介

〇考案者トニー・ブザンの紹介 トニー・ブザンからのメッセージ

〇メンタル・リテラシーとコレクト・フォーミュラ

〇なぜ今マインドマップなのか?〇MIG(Most Important Graph)とマインドマップ 休憩の重要性

〇イメージと連想の力〇放射思考と脳の第一言語〇ホールブレイン思考〇全体像と俯瞰

〇マインドマップのかきかたのルール トニー・ブザンがかき方を重視する理由 マインドマップに関するFAQトップ2は?

〇Day1の振り返り


Day2

〇Day 1の振り返り

〇学習曲線、TEFCAS、マインドセット

〇学習環境の整備

〇エクササイズとしてのジャグリングの奨め

〇記憶と創造性の関係

〇マインドマップの活用事例

〇グループ・マインドマップ

〇トニー・ブザンが挙げた99の主な活用法

〇Day2の振り返り


Day3

〇Day1とDay2の振り返り

〇トニー・ブザンのマインドマップを教えるための実践的トレーニング

〇絶対に外せないポイントとは?

〇プレゼンテーション〇事務手続き(契約書と登録フォーム記入)インストラクション・トレーニング

〇3日間の振り返りと今後のフォローアップ

〇Warrior of the Mindとは人間の脳の力を信じ、みなの能力を生かすために働く「知の戦士」としてトニー・ブザンからのバトンを次世代につなぐために

〇修了証書授与

 

担当講師からのメッセージ


世界中の誰もが「僕って、私って天才かも...」と思えたら...


「頭の悪い人などいない。頭の使い方が悪いだけだ」と確信したトニー・ブザンは、「頭の上手な使い方(メンタル・リテラシー)」を世界に広めるために一生を捧げました。

 

誰もが本来の脳力を存分に発揮できるようにするための道具として考案されたのがマインドマップ、読書法、記憶法です。また、頭を上手く使うための「コレクト・フォーミュラ(正しい処方箋)」を編み出しました。

 

その中で最も良く知られているマインドマップはシンプル、かつ奥深いツールで、抜群の効果を発揮します。


私自身、マインドマップに救われました。

落ちこぼれ寸前の米国留学中(1984年)に、偶然ブザン氏の書籍と出会い、「これを使えば何とかなるかも」と直感しました。藁をも掴む思いで「落書きのようなノート」を使い始めたら、驚異的な効果を発揮しました。


いわゆる「きちんとしたノート」が取れない私にとってマインドマップはまさに救いの神でした。「マインドマップをかくと、不思議と何とかなる」。使い手の多くがそうコメントしています。ブザン氏の様々な工夫が盛り込まれているからだと感じます。


2006年秋にブザン氏に弟子入りしてからの約14年間は、世界各地で師匠の講座に76回参加し、計250日超、直接学びました。また、書籍11冊の監訳・監修を担当した際、たくさんの質問をしました。


2013年にブザン氏の任命でマスター・トレーナーになってからは10回のインストラクター養成講座を担当し、伝え方、教え方について様々なアドバイスを受けました。


ブザン氏から受け取ったバトン(ブザン氏が考えるメンタル・リテラシーの全体像)を次世代に繋ぐことが今の私のミッションです。

 

TBLI養成講座ではブザン氏の教授法を踏襲します。3日間の講座では伝えきれないことがたくさんあるので、フォローアップをしっかり行っていきます。


マインドマップが好きで、教えたい方、ぜひバトンを受け取ってください!


近田美季子のプロフィールはこちら